失敗しないプチ整形

医者

初心者のための心得

美容クリニックで人気の高いボトックスですが、副作用が怖いという口コミも時々見かけます。基本的にボトックスは注射だけで施術が完了するため、切開手術などよりも副作用はずっと少ないのが特徴です。けれども「自然な笑顔が作れなくなった」「眉毛が吊り上がった表情になった」という実例がないわけではありません。これは技術が未熟だった時期に起きた副作用です。ボトックスは筋肉に注射してリラックスさせることで、表情ジワを取ったりエラを縮小したりする施術です。その効果を十分に発揮させるには、「どの筋肉のせいでエラができているか」「シワを寄せているのはどの筋肉か」といった解剖学的な知識が不可欠になります。人間の顔面には多数の複雑な筋肉があり、ほんの少し注射する位置がずれると、別の筋肉に誤った作用を及ぼしてしまうことがあります。結果として想定外の筋肉が動かなくなり、表情が不自然になるなどの副作用が現れるというわけです。このようにボトックスは簡単に見えて、実は高度な知識とテクニックが要求される施術です。現在では多くの美容クリニックに普及しているため、技術レベルも相当に向上していますが、心配なら症例豊富なクリニックで施術を受けるようにしましょう。初めてボトックスの施術を受ける方は、「効き目はどれぐらい実感できるのか」「本当に副作用はないのか」といった心配事が多いかもしれません。何か気になることがあったら、遠慮なくドクターに相談してみましょう。良心的なドクターであれば、細かいことでも納得できるまで説明してくれます。注射する位置や分量のほか薬剤の種類なども詳しく聞いておけば、万が一副作用が現れたときも慌てずに済みます。根掘り葉掘り尋ねたら嫌がられるかもという心配は必要ありません。もし十分な説明をしないで施術を急ぐようなら、その場では施術を受けず別のクリニックを選ぶという方法もあります。すべてのシワやエラがボトックスで解決できるわけではありません。ほうれい線のような深いシワは、ボトックスよりもヒアルロン酸注入のほうが向いています。エラについても筋肉ではなく骨格が原因であれば、それに応じた対策が必要です。ボトックスを施術するかどうかの判断は、経験豊富な医師に任せましょう。またダウンタイムがほとんどない施術とはいえ、当日はできるだけ安静にするよう心がけ、入浴や飲酒は避けるのが原則です。血行が良くなりすぎて内出血が起きたり、薬剤が拡散したりするのを防ぐためです。